サンダーバード2号と救助メカを作る

平成281226日 47号まで更新

 

 デアゴものには二度と手を出さないことに決めていましたが、こいつを出されては…自分の力で勝ったと思うなよ!サンダーバード二号のおかげだということを忘れるな!

 

 お恥ずかしいので本家の方で細々と製作記録を作ります。過去の経験から一号ずつ作るとロクなことはありません。適当に溜まったところでブロック単位ぐらいで作りますから毎週の更新はありません。

 

目 次

・ 1号〜6号まで

・ 7

・ 8号〜11号まで

・ 12号〜16号まで

・ 17号〜19号まで

・ 20号〜26号まで

・ 27号〜30号まで

・ 31

・ 32号〜44号まで

・ 45号〜47号まで(機体昇降機構の完成)

 

 

1号〜6号まで

 

 1号から6号まで溜まりました。救助メカの方は置いておいて本体の方が機首部分がほぼ完成します。

 ここまでまとめて作ってしまいます。

 

 

 

 説明書を取り出します。

 

 

 

 本体部分の組み立て説明に一通り目を通します。

 

 

 

 1号は…

 

 

 

 これで御終い。記事になりません。

 

 

 

 2号はコクピットに操縦席を取り付けます。何故か本シリーズでは瞬間接着剤を使うよう指示されてますが、白化現象を避けるためプラパーツはタミヤセメントで接着します。

 

 

 3号は盛りだくさんです。

 

 

 

 操縦席にパッセンジャーシートと操縦桿を接着します。

 

 

 

 

 ミサイル格納庫とLEDギミックです。

 

 

 

 操縦席後ろからLEDの光が入ります。

 

 

 

 ミサイル発射装置の支柱ですが、これが中々硬くてはめ込むのに往生します。真っ直ぐ押し込んで力を入れないと折れてしまいそうです。

 何とかクリアです。

 

 

 

 コクピットを本体に装着です。このキットではねじ止めです。

 思うに接着剤だとはみ出して汚れますので可能な限りねじ止めで留めていくと見ました。

 

 

 

 ミサイル格納庫のハッチです。

 

 

 

 前方にスライドして開きます。

 

 

 

 マルチ格納スペースです。ここもねじ止めです。

 

 

 

 機首下部の窓の固定器具が4号と5号で泣き別れになっていました。上下のパーツを仮合わせしろとの指示ですが、ここを固定しないと落ち着いて仮合わせできません。

 まとめて作業するとこういうことを避けることができます。

 5号の固定パーツを付けて上下の仮合わせです。

 

 

 

 6号はネックパーツのねじ止めです。

 毎号ねじ止め作業には予備のねじが一本ずつ入っています。6号の時点で予備ねじが4本溜まっています。これで上下のパーツを仮固定しています。

 

 

 

 

 5号でLEDテストでしたが、ネックパーツを付けてから実施です。

 

 

 

 LEDからのリード線をテスト基盤のコネクタにつなぎます。

 

 

 

 何も起こりませんorz

 

…ではなく電池ボックスのスイッチをONにします。

 

 

 無事に点灯しました。

 

 これにて1号から6号の本体作業は終了です。

 

 次はいつ頃になるか全く不明です。

 

7

 

 今週は7号です。

 

 

 パーツはこれだけ。殆どが磁力牽引車のパーツです。

 

 

 

 本体分はエアインテーク部分のプラ板が2枚です。

 

 

 

 これだけなら落とし穴も無いでしょう、ということで接着します。さすがにネジ止めにはならなかったようですが、相変わらず瞬間接着剤がデフォルトになっています。

 上下左右を間違えないように再三指示がなされていますが、タミヤセメントなら「あっ、間違えた!」でも簡単に修正できます。

 指示は無いのですが、仮止めすると裏側が本体に接するので心もち裏側に多く接着剤を付けます。

 汚れが表に出ないようにとの配慮なら大したものです。

 

 

 

 作業は一瞬で終了です。

 

 

 

 保管場所には下にタオルを敷いてます。マークやレタリングに傷が付かないように注意しましょう。

8号から11号まで

 

 パーツが溜まったのと、とある事情で11号までを組み立てることにしました。

 

 

 パーツの確認と組み立て手順の確認です。

 

 

 出来上がっている機首部分を引っ張り出してきます。

 

 

 埃除けとパーツの紛失防止にネジ止めした上下のパーツを外します。

 

 

 8号の機体とねじ止めします。

 

 

 

 9号はしょぼい隔壁パーツが一枚だけ。

 

 

 差し込んだら裏の作業がやりにくくなります。毎週組み立てていると、期待しながら一週間待った挙句に前回の作業をやり直すことになります。

 何とかしてよ!

 

 

 ノズルをタミヤセメントで接着。当然、無問題です。

 

 

 

 ノズルカバーも一瞬ではめ込み完了。

 

 

 電池ボックスと電源スイッチをねじ止め。

 

 

 作業が終わったので機首部分を上下仮止めします。

 

 

 11号まで作業終了です。

 

 

 ここで残念なお知らせです。

 機体の作業をこの段階で放り出して、3番コンテナの作業開始とのアナウンスです。

 怒りの声は分家のブログにアップしましたが、こちらでも一言。

 

 

 ゴルア!

いい加減にしろ!

12号〜16号まで

 

 5号分貯まったパーツを組み立てます。

 

  

 

 全ての組み立て工程に一応目を通しておきます。

 

 

 

 プラ材同士の接着だけなので瞬間接着剤は使わずタミヤセメントで接着します。

 

 

 1213号のハッチです。ピンセットが12号のおまけで付いていましたが、

 ヒンジピンは指で十分…というか、下手にピンセットを使うと小さなヒンジピン(金属)が「ピョン吉」して何処かへ跳んで行ってしまう恐れがあります。注意しましょう。

 

 

 フロアボードに前後のハッチを取り付けます。

 

 

 

 全てネジ止めです。リベットで軍艦を建造しているような気分です。

 

 

 16号までのフレームを取り付け終了です。

 

 

 皆さんやっていると思いますが、本体に入れてみます。おおっつ!ピッタリと入りました!(入らなかったら大変です)

 

 

 次号からコンテナの外装のようです。

 次はいつになることやら…

 

17号〜19号まで

 

 工程のキリが良いので今回は3号分です。コンテナの前後の隔壁と底の部分を作ります。

 

 

 三号分の工程を頭に入れておきます。

 

 

 

 今回はプラパーツをランナーから切り離して接着する工程があります。普段プラモデルを作っている方にはお馴染みの作業です。

 

 

 バリ取りやニッパーの跡を綺麗にしてタミヤセメントで接着します。

 

 

 

 問題は前面の隔壁のこの銀色のパーツですが、次号に泣き別れになっていました。まとめて作るとフラストレーションが溜まりません。

 

 

 さて、下面の工程にも少し不満が。ローラー(こんなのがあったんだ!、と少し感動)ですが、格納庫の床と下面の隔壁とで挟み込む構造になっています。

 

 

 

 工程「16」で、取り付けの最中にひっくり返してローラーのずれを確認せよとあります…がっ、これをやったら確実にバラバラになります。

 工程「15」で床と隔壁とをネジ止めする穴を確認することになっていますが、四隅を仮止めしてからひっくり返すべきでしょう。百億歩譲って、工程「16」で床と隔壁とをしっかりと指で挟むぐらいは書いておかないと拙いでしょう。

 

 

 

 そんなこんなで不満はありましたが、作業は30分で終了です。

 

 

 

 前回の最後の写真と殆ど同じですが、コンテナの前後、下面が出来上がっています。

 床に何やらダボ穴があり装備を取り付けるのでしょうが、先に床の艤装をした方が良いような気がします。

 今回はココまで。

 

20~26号まで

 

 赴任先から帰った時にまとめて製作です。今回は5つ溜まっていました…

 

 

 と、思ったらもう2つありました。合計7号です。

 

 

 

 しっかりブレインズの製作解説に目を通して手順を頭に入れておきます。

 

 

 

 コンテナ内の装備を淡々と取り付けていきます。

 

 

 上部にはキャットウォークがあったりします。

 

 

 

 壁面の出来上がり。

 

 

 

 外から覗いたアングルで。

 

 

 こんな感じです。

 

27号〜30号まで

 

 ん…28号からでしたorz

 

 とある理由で直すのも時間が無いので、このままご容赦を。

 

 

 コンテナがこれで終了の予定です。

 

 

 右の外壁

 

 

 

 左の外壁

 

 

 

 天井パーツです。

 

 

 組み立てて出来上がり。

 

 

 

 接着していないので取り外しは自由です。

 

 

 

 本体との「隙間」がちょっと気になるところ。

 

 

 おおっつ!次号からは待ちに待った伸縮脚の上下するギミックの開始です。さて、どんなカラクリか?

31

 

 今週は31号です。

 

 

 伸縮脚の作業が始まります。今回はスプリングと金具が4つづつです。

 

 

 作業はスプリングに金具をねじ込むだけ。貯めてから作業をしますので今回は触りません。

 

 

 

 次もギミック分のパーツは少ないようです。

31号〜44号まで

 

 数か月ぶりに自宅へ帰ると、たっぷり溜まってました。

 

 

 一つ一つ、パーツを取り出して説明を読んで、組み立て手順を確認します。

 

 

 伸縮脚も一気に組み立て完了です。これぐらい纏めてやると作った気になれます。

 

 

 

 本体に取り付けです。

 

 

 

 ギアとギアシャフトを取り付けます。これが伸縮脚の駆動系になる訳で、一番知りたかったメカニズムです。空母のエレベーターに応用できるか?

 

 

 出ました!デアゴの得意技の取り付けて、外す無駄な作業です。

 

 

 

 こんなこともあろうかと、「仮取り付け」とあったパーツは、そのままにしてありました。

 

 

 

 マイクロスイッチと、小さなガイドピンを「置き」ます。

 

 

 

 真ん中のピニオン・ギアがプラスチックのラックを押し、スプリングが伸縮脚を伸ばす機構です。

 

 

 

 前回まで落ち着かなかったギアがようやく固定できました。

 

 

 

 気になっている、置いてあるだけのガイドピン…

 

 

 

 マイクロスイッチ(アッパーリミットスイッチ)も、置いてあるだけ…

 

 

 

 もう一度、同じ写真ですが、マスキングテープで落ちないように固定しています。

 デアゴさん、ここは保管パーツにしておかないと、拙いんじゃないの?相変わらずのデアゴ手順です。

 次回組み立てると試運転できるとのことですが、家に帰れるのはいつの事やらorz

 

45号〜47号まで(機体昇降機構の完成)

 

 今回、溜まっているのは45号から47号までです。これで機体の昇降機構が完成します。リモコンでの操作ではなくテスト基盤ですが、それは、先のお楽しみになっています。

 

 

 

 仮止めのラックは、当然仮止めせず、本番まで取ってあります。こういう無駄でリスキー(部品喪失)なことを何故させるのか、未だにデアゴの製作過程は理解できません。

 

 

 

 ラックとピニオンギアの位置決めの目印になる切り欠きに注意して、取り付けます。

 

 

 分家ブログで記事にしましたが、固定はプラパーツでした。マイクロスイッチもねじ止めのプラ板で挟まれて固定されています。

 

 

 

 機体の電池ボックスに単三を3本入れますが、以前に使ったテストボックスから持ってきます(一々、新品の電池を卸すわけにはいきません)。

 

 

 

 配線をします。(テスト基盤のコネクタにつなぐだけですが…)

 

 

 スイッチを入れると、伸縮脚で機体が上下します。

 

 動画はココをクリック。

 

 

 48号以降は、またまた機体とは関係ないポッドとジェットモグラです。次号、ジェットモグラ完成かと思いきや、51号までお預け…相変わらず、トリッキーな書き方です。