軽巡洋艦

長 良

 

 

◎軽巡洋艦 長良について

 第一次大戦後、日本海軍では戦艦八隻、巡洋戦艦八隻からなる八・八艦隊と呼ばれる強力な艦隊を計画していました。この八・八艦隊に加わって主力部隊の直衛や前衛、偵察や哨戒を行うために計画されたのが5,500トン型と呼ばれる軽巡洋艦です。これらの軽巡洋艦は、水雷戦隊の旗艦としての任務も重視されていたため、強力な砲力、魚雷兵装、指揮通信施設、偵察用の航空兵装、そして駆逐艦と行動できる高速力を備えて登場しました。

 長良は、この5,500トン級の一番艦として大正111121日に佐世保工廠で竣工しました。昭和16年の大東亜戦争海戦時には、5,500トン級軽巡は旧式化していましたが、高速力や改装をうける余地の大きい余裕のある設計が重視され、この戦争を戦うことになりました。長良は第3艦隊第16戦隊の1艦としてフィリピン攻略戦に参加、その後、ミッドウェイ海戦、南太平洋海戦に参加、第3次ソロモン海戦では軽巡1、駆逐艦4隻を撃沈しています。

 その後は主に輸送任務についていましたが、昭和19年佐世保に向けて鹿児島を出向した長良はアメリカ潜水艦の雷撃を受けて沈没しました。

 

[要 目]

水線間長

常備排水量

速  力

兵  装

 

 

出 力

158.53m

14.17m

5,570t

36ノット

14cm連装砲 5

12.7cm連装高角砲 1

61cm4連装魚雷発射管 2

90,000馬力

 

◎キットについて

 以前、長良型軽巡洋艦のWLキットはフジミ模型が作っていましたが、同社がWLから脱退したため、これらのモデルはTAMIYAに引き継がれました。今回作成した長良はTAMIYAのキットです。別に鬼怒のページを作っていますが、これと比較すると金型が新しい分、細部が再現されているようですし、WLシリーズの共通部品パーツが付いていて改造や流用ができるのも嬉しいところです。また、色指定が親切ですし、空中線の様子も説明書に描いてあるのも評価できます。キットは、数度の改装後の最終型を再現しています。

 長良の戦いは、長良型5姉妹艦の中でも長姉にふさわしく激しいものですが、キットの箱の絵は佐世保辺りで補給を受けているかのような、なんとも穏やかなものになっています。

 

 

 例によって、木の台に固定しアクリルケースに入れている長良です。WLならではの保管方法です。

 

 

 

 右舷前方からのアングルです。この長良も改造らしい改造はしていません。空中線を延ばしライナーで追加、艦首の竿を余った砲身を組み合わせて付けた程度です。

 

 

 各艦に付けているネームプレートです。姉妹艦は、現在、鬼怒と五十鈴を持っていますが、識別に困るという程ではありません。それなりに作り分けを楽しめるシリーズといえます。

 

 

 艦橋付近です。空中線が雑然とした感じですが、空中線はどの程度で妥協するかについては、艦を作るたびいつも悩んでしまいます。ただ、デジカメのせいにするつもりはありませんが、この画像で太く見える空中線も、実際の見た目は、上の船尾部分の写真の見え方に近いものです。

 

 

 左舷艦橋方向から艦尾に向けての撮影です。三本煙突を支えるワイヤーも張ってみました。実は「貼って」いるだけですが、伸ばしライナーだと「張って」みえるので、この性質を、そのうちデアゴ大和でも応用できないかと考えています。やがて大和も空中線などを張ることになりますが、完成写真を見る限りは、ちょっと太すぎたり、張りが足らないように感じています。

 

 

 

 艦尾から前方に向けてのアングルです。クレーンは全くの想像で線を張っています。

 

 

 

 最後は、後ろから艦橋を撮影です。旗綱も伸ばしライナーで付けています。旗綱はキチンと並ぶと奇麗ですので、糸より見栄えがします(デアゴ大和も考えようかな…)。

 

 

(平成181228日作成)